有田焼・制作過程

けいざん

有田焼ができるまで

けいざん

①土の精製
有田焼は磁器なので、土ではなく陶石を砕き、鉄などの不純物を抜いた後、成形しやすくするために粘土状にします。
1616年、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、李参平らが有田の「泉山」で陶石を発見したのがはじまりです。現在、陶石は熊本県の天草陶石を使用しています。

②成形
ほとんどの窯元が石膏型を使った方法で、成形しています。(同じものを大量に作ることができます)
一部ろくろによる成形もしています。

③乾燥 

④焼成(素焼)
約800度の温度で焼成します。

⑤下絵付け
釉薬の下に絵付けします。

線描き                           濃み(だみ)
線描き   濃み(だみ)

⑥釉がけ
釉薬をかけます。

⑦釉仕上げ
ひとつひとつ、口の部分をきれいにしたり、高台についた釉薬を剥いだりします。

⑧窯積み
専用の板に上にひとつひとつ並べて積み上げていきます。

⑨焼成(本焼き)
最大温度約1300℃で14~15時間かけて焼成します。

上絵付け
赤、緑、黄色などの加飾のあるものは本焼き後にします。釉薬の上に描くのでこう呼ばれます。

上絵付け

⑪焼成(上絵付け)
約800℃で焼成します。
色が重なり合うものは、絵付けをするたびに焼成をし、色を増やしていきます。

⑫完成

渓山窯

ようこそ、酒器屋ホームページへ!

日本酒をより楽しんでいただくための酒の器「酒器」をご紹介しているサイトです。

どうぞお気に入りの酒器を見つけて、おいしい日本酒ライフをお楽しみください。

ピックアップ記事

img_others010

酒器あそびのすすめ

日本人が誇るべき文化である日本酒を3倍楽しむために、考えたのが「酒器あそび」です。 日本の食卓はバラエティに富んでいて、器…

おすすめ記事

  • アイキャッチ003
    日本酒の美肌効果

    化粧品の成分としても注目される日本酒。日本酒造りに欠かせない麹(こうじ)は、塩麹…

  • アイキャッチ019
    日本酒の魅力

    日本酒は、日本人の生活に根ざしている“米の国の、米の酒”です。四季折々に日本酒を…

  • 07_48
    日本酒の情報サイト

    日本酒のことが知りたいとき、こちらのサイトのお世話になっています。  …

購入はこちら

banner
ページ上部へ戻る